「最近なんとなく、自信のなさに苛まれていませんか」

 

美容の仕事も昔に比べると大きく変化しています。

技術から接客まで、消費者のニーズに対応すべく能力を求められています。

それらに付いて行けない技術者が一次的に自信を喪失したと
言うのをよく聞きます。

やればたいがいの事は出来るのに、今の若い仕事は無理にチャレンジ
しようとしない技術者が多い様な気がします。

それらの多くの原因は少なからず、それまでの人生の中でほとんど
成功感や達成感を味わった事が無いのではなかろうか。

つまり、自分に自信を持てるような体験が少ない技術者ではないだろうか。

今までやって来た仕事に自信を持てない人には、新しい仕事や重要な仕事は
任せられない。
(大して仕事が出来ないのに自信過剰の人にも困るが)

永く勤めてもらうなら、どんな小さな仕事
(最近では職人といえどもパソコン位扱えないと)でもいいから、
初めから終りまで自分の能力で出来る仕事を与え、達成感や成功感を
繰り返し味わせ、長所に目を向けた柔軟な考えが必要ではないだろうか。

 PAGE TOPへ
柴崎裕志 しばさきひろし
美容室アクト代表